フォトギャラリー「地球を撮る」(6)
神秘な魅力、インカの世界(ペルー)Page-1
Page-2

世界遺産の中で最も人気のある「マチュピチュの遺跡」

憂愁の歴史を秘めて、ひそかに息づく数々のインカの遺跡。そして、その末裔であることを自ら包み隠すように、ひたすら寡黙なインディオたち。人間の愛と生きざまを、時を超えて現代によみがえらせるロマンのステージ、ペルーは、久しく私たちの旅情をいざない続け、いまなお変わることはありません
 南米ペルーには、かつて南米大陸の太平洋沿を100万平方キロも支配していたインカ帝国の都だった「クスコ」を中心に多くの遺跡があります。
 世界遺産に指定されている謎の空中都市「マチュピチュの遺跡」やミステリアスな「ナスカの地上絵」今なおインカ文明が息づく町「クスコ」征服者ピサロが建設した町「リマ歴史地区」など、見どころがたくさんあります。
 

 

今でも物々交換が行われている「ピサック村の日曜市」(クスコ近郊)

 

 

海抜3812mのアンデス高原にあるティティカカ湖に浮かぶ「ウロス島の住民」

 

海抜4319mのアンデス峠越え、クスコ〜プーノ(ティティカカ湖)間を10時間でを走る「高原列車」

 

今もインカ文明が息づく町「クスコ」

リマ市から南に400キロ、ナスカ平原に描かれた「謎の地上絵」

Page-2

日本旅行作家協会 会員  渡邊 正


ギャラリーHOME
 

Copyright 1999-2000 Findex Corp. All rights reserved. 
Maintained online by info@mejiro.com 著作物につき無断転載禁止。

If you have any comment, Please send us E-mail to: info@mejiro.com in English please.
お問い合わせはinfo@mejiro.comへお気軽にどうぞ。